読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国の管理外の暗号通貨「ビットコイン」の仕組み 毎日新聞

ー記事リンク
http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160524/biz/00m/010/028000c

ー記事要約
 最近、個々人がインターネットを通じてお金をやり取りするフィンテックが発達している。暗号通貨であるビットコインは今まで煩雑だった手続きを簡潔にしたため利便性がとても高いです。また、ビットコインの流通を管理する仲介業者もいないため手数料がかかることもありません。ビットコインは誰でも入手可能なプログラムを使い解読が極めて困難な暗号を発生させそれを解読する形で取引が行われています。自律的に取引の安全性を担保しているのです。

ー疑問
 ビットコインは勢力を伸ばすか?

ー主張・意見
 ビットコインは仲介者がいないため国の管理の外でお金の取引が行われます。これは中央銀行をとおしてお金の流通をコントロールする国にとっては厄介者です。そのため、国はビットコインなどのネット通貨に対して厳しい規制をかけることもあります。また、ビットコインにはネット上で行うことからさまざまなリスクが存在しています。ビットコインはまだ発展途上の段階にあり、これからビットコインに対する認識が高まり、法が整備されれば成長の余地はまだまだあるだろう。