読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

循環型社会の取り組み呼びかけへ G7環境相会合が開会 朝日新聞

ー記事リンク
http://www.asahi.com/articles/ASJ5H35SXJ5HULBJ001.html

ー記事要約
 主要7か国環境相会合が今年の5月15日,富山市で行われた。地球温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」や国連の持続可能な開発目標(SDGs)が昨年、採択されたことなどを踏まえ、16日に温暖化対策や循環型社会の構築に向けた取り組み強化を呼びかける共同声明を発表する。国連環境計画の報告書では、資源効率性を高めれば、2050年までに、化石燃料や鉱物など天然資源の採掘量を予測より3割近く減らすことができ、G7による温室効果ガスの排出を15年に比べ、8割以上削減できると指摘した。

ー疑問
環境問題をどう解決すべきか?

ー意見・主張
 これからの世代に良い地球環境を残していくためにも、3Rを実践して天然資源の利用を最小限に抑えるべきだろう。また、再生可能エネルギーである太陽光や太陽熱、水力、風力、地熱、バイオマス、雪氷熱を利用した発電所などの施設を残していくことで将来的に有効であるだろう。
 
ーその他
 特になし